メールマガジン配信します

さて
この人苦手だなー
なんか好きになれないわー
なんて人いませんか?

 

本日 6月7日(木)19:00
メルマガで配信します

 

f:id:kinta1215:20180208141623j:plain

登録はこちらから ↓

wp.me

 

引っ越ししました。

訪問ありがとうございます。

この度ホームページを開設いたしました

 

 

f:id:kinta1215:20180402215312j:plain

 

ブログは【こちら】に更新していきますので

これからもよろしくお願いいたします



私がリトリーブを選んだ理由

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

心理セラピスト 金原 洋美 です

 

haruhikari.hatenablog.com

 

各地で桜の開花宣言がされましたね

なの一転、冬に戻ってしまったかのような寒さ

雪が降っている地域もあるようです

気温の変化に体調を崩さないように気を付けてくださいね

 

f:id:kinta1215:20180321104953j:plain

 

 

さて今日は

私がなぜリトリーブサイコセラピーの心理セラピストになろうと思ったか

について書いていこうと思います

 

 

9年前、息子が不登校だったため
スクールカウンセラーと接することで

心理に興味を持ったのが始まりでした

 

ネットでいろんな心理ブログや、心理サイトを読みあさる毎日

調べても、調べても

息子はさらにひどくなりました

実家へ逃避、昼夜逆転、引きこもり 

 

2003年カズ姐さんのブログにたどり着き

名古屋で2日間の講座が開催される記事を見て

すがる思いで参加したのがリトリーブとの出会いでした 

 

そこで自分自身が人を変えようとしている

という問題だと気づきはあったのですが

受け入れることが出来ずにいたのです

 

その後、夫婦関係は破綻し離婚

職場での人間関係で悩んでいるときに

人を変えようとするのではなく

もう自分が変わるしかないんだと覚悟をし

リトリーブサイコセラピー基礎コース に参加することを決めました

 

 

f:id:kinta1215:20180317213017j:plain

 

私の中で何が起こっていたのか?

 

ちゃんと子育てできない自分は人から認められない、価値がない

という思い込みがあり

この無価値感を感じたくなくて、息子の不登校を何とかしたかったのです

 

 

表層の問題(不登校)を解決したとしても

根っこの問題(無価値感)を解決しなければ

また、他の表層の問題が表れて悩むことになります

 

 

私はなぜ、無価値観を持ってしまったのか?

 

それは、私の育った環境が影響しています

  • 親が思うような出来る子、いい子でいたら認めてもらえた
  • 親が「ねば、べき」思考が強かった(過保護、過干渉、支配が強い)
  • 自分の意思を尊重してもらったことがない(思うようにしたらいいよ。どうなっても知らんけど。が日常)
  • いつも誰かと比較されていた(あの人より上を…というメッセージを受け取り続けた)
  • 両親が愛情や信頼でつながっていない(愛着障害

 

親の支配性が強く、主体性を奪われたため

自分というものがありませんでした

そのため、自分が人から認められることで心の穴を埋めようと必死になり

息子に「ねば、べき」で支配していたことに気づくことになったのです

 

このように

母親の不安や恐怖が子供に影響してしまうのです

 

 

 

私はどう解決したのか?

  • 私自身が自己重要感がなく愛着障害を抱えていることを自覚し、心理セラピーを受けたりして愛着を築きなおした
  • 過保護、過干渉で息子を支配していることを認め、親のと同じ生き方をしていることを自覚し、自分の人生を生きる覚悟をした
  • 自分の不安と恐怖を子供に投げていたことを自覚し、その不安や恐怖の感情を開放していった

f:id:kinta1215:20180321084424j:plain

こうして、自分が変わるしかないと理解し覚悟を決め

リトリーブサイコセラピーに関わって

自分の内側を見つめ直していくと同時に自分の感情を開放していったら

息子にも変化が現れました

 

通信制高校に通学、アルバイトを始め、友達と遊びに行くなど

自分の人生を楽しみ始めたのです

 

他にも

私の周りにいる人たちから

「最近なんか変わったよね?何かやってるの??」

と、いろいろな自分の変化を体感する毎日

 

今、悩んでいる人にこの感覚を感じて欲しい気持ちが大きくなり

リトリーブサイコセラピーのセラピストになろうと決めたのです

 

 

自分と向き合うのって辛いこともあるけど

向き合って、乗り越えた分だけ

必ず幸せな人生があるんです

 

 

相手を変えようとエネルギーを使うより

自分が変わる方が問題解決は早いですよ

相手を変えるために自分が変わるはダメだけどー

 

 

あなたはこの先も、今のまま悩み続ける人生がいいですか?

 

 

 

 

⭐️あなたの問題を電話カウンセリングで整理してみませんか? 

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

 

⭐️ 心理セラピー  モニター募集開始しました

haruhikari.hatenablog.com

 

 

⭐️ 大阪でオープンセッション開催されます

f:id:kinta1215:20180227212455j:plain

 

 

 

⭐️ 心理セラピーについて詳しく

f:id:kinta1215:20180204210231j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言いたいことが言えない

こんにちは

リトリーブサイコセラピー®

愛知県 西三河

心理セラピスト 金原洋美です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

先週末は私の誕生日🎂

お祝いしてもらいました🎶

f:id:kinta1215:20171216175144j:plain

メッセージに「ひろみちゃん」って頼んだのに「ひろみさん」って書いてある…

何かさー、他人みたいやーん!って(ーー;)

確かに(笑)

ってか、気にならなかったけどね

 

 

 

 

リトリーブサイコセラピーに出会う前の私は

思っていることをなかなか言えない人でしてね

そんな私も、今は言えるようになってきてるんですよ

 

 

あなたは相手に言いたいことを言えますか?

 

今日は

自分の中に  私はこうなの、私はああなの

自分の思い、考えがあるのに言えない人の話

 

 

自分の言いたいことを、思ったことを言って

誰かに傷つけられた過去があると

言いたいことを言おうとした時に

不安、恐怖が出てくるんです

 

 

幼少期の家庭環境が大きく影響しているんですよ

 

例えば

  • 自分の思っていることを表現すると否定された
  • 両親がいつもケンカしていた
  • 自分が思たことを言ったら親の機嫌が悪くなった、無視された
  • 自分の思ったことを言ったら恥ずかしい思いをした
  • 自分の言いたいことを言ったら家族の誰かに迷惑をかけた
  • 親がいつも我慢する人だった
  • 親が支配的だった

 

f:id:kinta1215:20171210214312j:plain

 

子供は

親がいる  =  生きることができる

なので

親の機嫌を損ねないように

親から見捨てられないように

居場所を確保するために

 

死の恐怖を感じないために

 

どんなに理不尽な扱いを受けたとしても

自分が悪いからと我慢する

生きていくために我慢を選択する

 

 

大人になって自分の力で生きていけるようになっても

子供の頃と同じ感覚がわき上がり

同じパターンを繰り返してしまう

 

 

言わないことで 不安、恐怖から自分を守る

これが大きなメリットとなって

言いたいことが言えない現実になっている 

 

 

 

では、どうしたらいいのか?

 

 

子供の頃、どんな出来事で

そう思い込む事になったのか

 

 

 

心の奥底にしまってある

悲しかった、怖かった

を感じることが解決の近道かと思います

 

 

心理セラピーは悩んでるあなたの心の中を整理するお手伝いをしています

 

 

 

電話カウンセリングで心の中の整理してみませんか?

→ 【悩み相談】一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

 

心理セラピーについて詳しく

→ 一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

→ 心理セラピスト 大鶴和江 株式会社ユアエクセレンス公式サイト

 

 

私を認めろ!

こんにちは

リトリーブサイコセラピー®

愛知県  西三河

心理セラピスト 金原洋美 です

 

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

やたらと自慢したり

出来る自分アピールする人いませんかー?

 

・・・

ちょっと前、私もやってましたが

何か?  σ( ̄∇ ̄;)

って開き直ってないで本題にいきましょう

 

今日は認めて欲しいが強い人の話

 

 

 

「スゴいねー」

「さすが!」

 

他者から言われることで

自分の価値が証明でき

生きててもいいと自分に許可が出せる

 

根底には自己重要感がありません

ダメな自分を認めたくない

そのため、人の上に立ちたがる

 

自己評価を上げるために

他人を利用するのは日常で

同情や共感など全くありません

 

 

子供の頃

愛され、認められる事で

自己重要感が育つのですが

 

日常的に

  • 出来た時だけほめてもらえた、認めてもらえた
  • 自分の意思を尊重してもらえなかった
  • いつも誰かと比較されていた
  • 出来ても無視された
  • 親にとって自慢の子供だった
  • いつも親からバカにされていた
  • いつも父親が母親をバカにしていた(母親が父親をバカにしていた)
  • 親が支配的だった

 

 

出来る自分

認められる自分

でないと生きていられないくらい

死ぬほどの恐怖

同時に孤独の恐怖も

 

そんな恐怖感じたくない

そのためには

誰かに自分を認めてもらわなければアカンのよ

 

自分はダメな人間って思っているから

周りからの承認がいるんだな

 

私は正しい!

私を認めろ!

 

f:id:kinta1215:20171208220201j:plain

 

これね

怒りのエネルギーがガンガン出てまして

それが生きる力になっているから

やめる訳にはいかない

 

パワハラモラハラをする人は

この感覚を持っている人が多い

 

でもね

これ続けてると自分の周りから人が離れていってしまう

怒りのエネルギー受けるのってしんどいから

 

 

誰かから認められるために生きる人生

自分が自分を認められる人生

 

どっちが幸せか、楽に生きれるか

 

 

 

電話カウンセリングで心の中を整理してみませんか?

→ 【悩み相談】一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

 

心理セラピーについて詳しくは

→ 一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

→ 株式会社ユアエクセレンス公式サイト

 

〇〇だから出来ません

こんにちは

リトリーブサイコセラピー®

愛知県 西三河

心理セラピスト 金原洋美です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

もう12月ですね

今年も残りわずかですけど

やり残した事はありませんか?

 

今日は

あれやりたいんだけどー

これもやりたいんだけどー

でもね・・・

と言いながら結局やらない人の話

 

 

お金がないから

時間がないから

子供がいるから

などなど

 

それを言い訳にしてませんか?

 

そんな人は

 

お金があっても

時間があっても

子供がいなくても

 

きっと行動しません

 

 

なんで??

 

 

そこには行動しないでいる方がメリットが大きいから

 

 

行動したことで

  • 失敗するのが怖い
  • 責められるのが怖い
 
 
不安・恐怖という感情が隠れているのです

 

 

人は不安や恐怖を感じたくない生き物でね

無意識にその感情から逃げるのよ

 

 

不安や恐怖を感じたくないから「やらない」を選択する

 

 

では、なぜ不安や恐怖が出てくるのか?

 幼少期に

  • 親から「どうせあんたはできない」と言われていた
  • 出来ても喜んでもらえなかった
  • 失敗を笑われたり、恥ずかしい思いをした
  • 自分が出来る事で家族の誰かに迷惑をかけた
  • 親からの期待が大きすぎて重荷を感じていた
  • いつも誰かと比較されていた
  • 出来た時だけ認めてもらえた

などの経験があるかもしれません

 

 

f:id:kinta1215:20171204124731j:plain

 そうすると大人になって

出来ない自分には価値がない

 と思い込んでしまうでしょう

 

そもそも自分は出来ないが前提なので

チャレンジが出来ないんです

  

子供の頃、絶対的存在の親から言われた言葉で

ただ思い込んでしまった

大人になっても出来ない自分を続けているだけ

 

 

へーそうなのか

私は出来る!

 

って行動だけ変えても

不安や恐怖はあなたの心の中からまた顔を出すんだよ

 

 

まずはその不安や恐怖と向き合う事が

解決の近道かと思います

 

 

あなたの心の中を整理してみませんか?

 

 

電話カウンセリングやってます

→ 【悩み相談】 一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

心理セラピーについて詳しくは

→ 一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

→ 株式会社ユアエクセレンス公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共感されずに育った子供は…

こんにちは

リトリーブサイコセラピー®

愛知県 西三河

心理セラピスト 金原洋美です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

 

先週末から

大阪ハイパートレーニング

に参加しております

 

結果を出すためのコースなので

まぁ初日から

・・・Σ(ノд<)アイタタ

 

心理セラピストとして改めて決意表明

10か月間頑張りたいと思います

 

 

 

さて今日は

共感が人にとってどれほど大切かについて

 

  

 

共感とは … 他人の意見や感情をその通りだと感じること

 

f:id:kinta1215:20171127181620j:plain

 

あなたの事分かってるよ

自分の事を分かってくれた

とお互いが感じていることが大事なの

 

 

 

衣食住を提供して

私はちゃんと子供の面倒をみています

じゃダメなんですよ

 

 

子供が転んで泣いて痛がっていたら「痛かったねー」

ごはん一緒に食べて「美味しいねー」

一緒に笑えるテレビ見て「面白いねー」

友達とケンカして悔しがってる子供に「悔しかったねー」

 

 

そしたら気持ちを分かってもらえたって安心感になる

 

 

重要なのは感情

 

 

子供の頃、あなたは両親から共感されてました??
 

 


 
共感されずに育った子供は
大人になってから問題を起こしやすいんです

 

  • いつも死にたいと思ってる
  • 自分はいない方がいいと思う
  • 認められたい承認欲求が強い
  • 神経症状(うつ、依存症、自傷行為、対人恐怖症)
  • 摂食障害
  • 不登校
  • 愛されている感覚がない、愛し方が分からない
  • 自分が何をしたいのか分からない
  • キレやすい

 

 

私は共感のない家庭で育ちまして

 

自分がしてもらってないから
共感なんて出来ない訳

 

 

私はこうして欲しかった

 

って思いあなたの中にあるよね?

 

その思い

自分が認めて癒すと 

共感することが出来ない、分からない人が

出来るようになるんです

 

 

頭で考えて行動を変えてもなかなかうまくいかない

これ、私も経験済みなのでよくわかる 

 

 

そんな時

あなたの心の中の整理

セラピストがお手伝いします

 

 

まずは電話カウンセリング受けてみませんか? 

→ 【悩み相談】電話カウンセリングサービス

 

 

心理セラピーについて詳しく 

→ 一般社団法人 日本リトリーブサイコセラピー協会

→ 株式会社ユアエクセレンス公式サイト