どうして引きこもるの?

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原 洋美 です

 

haruhikari.hatenablog.com

 

ピョンチャンオリンピック、盛り上がってますね

フィギュアスケート羽生結弦くん、宇野昌磨くん

金メダル、銀メダルおめでとう!

かっこよかったねー♪

仕事中なのに、テレビにくぎ付けでした

仕事はちゃんとしましょうww)

 

 

さて今日は、前回に引き続き

自己愛について書いていこうと思います

 

Aさんのお母さんは学校の成績で子供を評価し

常に優秀であるようにと理想を押し付けます

しかしAさんはお母さんが望むような成績ではありません

そのため、自分はダメな人間だと思い込み

自己評価がとても低かったのです

しかし、その家で生きていくためには

出来る自分でなければなりません

母親には反抗できず

出来る自分を理想化し肥大させていきました

 

あなたは「自己愛」と聞いてどんなイメージをしますか?

 

f:id:kinta1215:20180221093504j:plain

 

 

<自己愛とは>

自分を大切にできる能力のこと

自分を肯定して愛することが出来ること

 

自己愛がしっかりと育っていれば

他者にも愛情を注ぐことが出来るのです

 

では、どうやって自己愛は育つのでしょうか?

 

幼い子供はみんな、誇大な自己を持っています

俺、何でもできるぜ!!ってスーパーマン的なやつよ

この子供の万能感を親が適度に受け入れることで

子供の自己愛は育っていきます

しかし、親が子供に共感や受け入れる態度を示さないと子供の自己愛が育ちません

 

これが自己愛の傷つきです

 

そんな人たちは未熟なまま大人になってしまい

その結果、大人になってから他者からの承認や注目を集め

自己愛を満たそうとするのです

 

前回のブログに書いた 私は特別!自己愛が傷ついた人

「俺様タイプ」の周囲を気にしない人と

反対に

「引きこもりタイプ」の周囲を過剰に気にする人

とに分かれます

 

この、もうひとつの引きこもりタイプは

周囲の評価で過度に傷つき

それ以上 

失敗したくない

恥をかきたくない

非難されたくない

そんな気持ちがとても強くなります

 

なぜなら

自分は本当は才能があると思っていて

自己の万能世界を築きあげようとするのです

そして

無能な自分を否定、抑圧し続けます

 

f:id:kinta1215:20180220203426j:plain

 

では、このまま自分を否定・抑圧し続けると

人間はどうなると思いますか?

 

 

 

 引きこもりの息子が

家庭内暴力

・うつ

自傷行為

などよく聞きますよね

 

 

そうです

人は自分を抑圧し続けると

怒りが爆発したり

無気力になったりするんです

 

 

────*────*────*────

 

 

先ほどのAさん

母親の理想を押しつけられ、自分を抑圧し続けた結果

引きこもりになってしまいました

そして自分の万能感を見せつけんばかりに

両親に怒りをぶつけ続けたのです

 

 

────*────*────*──── 

 

 

引きこもりの子供を見て

あなたはどんな気持ちになりますか?

そんな自分の気持ちに意識を集中してみたら

解決に向かうかもしれませんよ

 

 

 

 

 

⭐️心理セラピーのモニター募集開始しました

haruhikari.hatenablog.com

 

 

⭐️大阪でオープンセッション開催されます!

jnpta.com

 

 

⭐️電話カウンセリングで心の中を整理しませんか?

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

⭐️心理セラピーについて詳しく

f:id:kinta1215:20180204210231j:plain

 

心理セラピー モニター募集します

こんにちは

リトリーブサイコセラピーという心理療法を使って

人間関係の悩みや、なぜだか分からない不安感を

解決するお手伝いをしています

愛知県西三河の心理セラピスト 金原 洋美です

haruhikari.hatenablog.com

 

リトリーブサイコセラピーは

同じ悩みを抱えたクライアントでも

解決に向かうための方法がそれぞれ違います

オーダーメイドのセラピーを行うため

セラピストとしてより多くのセッション経験が必要となってきます

 

f:id:kinta1215:20180208141623j:plain

 

悩んでいる多くの人たちに

より良いセラピーが提供できるよう

協力していただけるモニター様を募集しています

 

こんな人に・・・

☑️ 言いたいことが言えない

☑️ 職場の人間関係がうまくいかない

☑️ いつもイライラする、感情が不安定

☑️ 人の顔色ばかりうかがってしまう

☑️ 恋愛がうまくいかない

☑️ いつも人と自分を比べては落ち込んでしまう

☑️ 自分はいない方がいいと思ってしまう

☑️ 人に頼ることができない

☑️ 子育てがうまくいかない

☑️ 摂食障害

☑️ 子どもが不登校

 

 

モニター様の条件

・セッション後に感想を頂けること

(メールでお送りする感想フォームに入力して返信して頂きます)

 ・頂いた感想をブログに掲載させていただけること

 (イニシャル、匿名OKです)

   ☆ 女性限定です ☆

 

セッションまでの流れ

  1. 利用規約を読まれた後、申し込みフォームで必要事項を入力し送信して下さい
  2. 48時間以内に返信いたします
  3. セッション料金の入金を確認した後、確定となります
  4. 当日、時間に会場へお越しください

☆ 碧南市内の公共施設を使用します。

 

利用料金について

・90分 3000円(会場費込み)

☆ 確定後にキャンセルした場合は返金は致しませんのでご了承ください。

 

予約可能な日時

3月1日(木) 13:30~

3月19日(水)18:30~

3月28日(水)    9:30~       

 

 ◎ 利用規約を必ずお読みになってから申し込み下さい。

   ↓  

お申込み規約

 

 

 

私は特別!自己愛が傷ついた人

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原洋美 です

 

haruhikari.hatenablog.com

 

もうすぐバレンタインデーですね

昔むかしの話ですが

中学生の頃、好きな子にチョコレートをあげて

受け取ってもらえなかったという

苦い思い出があるのです、私。

(あー思い出したくない…)

 

私が学生の頃のバレンタインデーより楽しそうだなーなんて思います

友チョコとか、自分にごほうび高級チョコとかね

みなさんはどんな思い出がありますか?

 

f:id:kinta1215:20180209214652j:plain

 

さてさて今日は人間関係について

 

Sさんは仕事中、誰に対しても威圧的な態度をとります

「これ、こうした方がいいんじゃないですか?」

と、ただ提案しただけなのに

「はぁ?私がせっかく考えたのに!?そんなこと言ってもムリ!」

と、他人の意見は全く聞かず

自分の意見を押し通し

怒りを使って相手を押さえつけます

 

いつもこのパターンで

私に意見するな!

と言わんばかりの態度で人と関わるのです

 

 

ところで、あなたの身近にこんな人いませんか?


・馬鹿にされることに耐えられない
・傷つきやすい自分も尊大な自分も好きじゃない
・自分は特別という意識が強い
・根拠のない自信がある
・他人を出し抜こうとする
・思い通りにならないと鬱になる
・自慢話ばかりする
・他人の手柄を横取りする
・期待が外れると怒りだす
・自分が一番でないと気がすまない
・人を利用する
・自分の事ばかり話す
・ギブアンドテイクの概念がない

 

これ、自己愛性パーソナリティ障害の特徴なんです

 

 

 

自己愛性パーソナリティ障害は

ありのままの自分を愛することができず

自分は優れていて素晴らしく

特別で偉大な存在でなければならない

と思い込んでいるため

安定した対人関係が築けません

  

なぜなら、自分の「理想とする自分」が膨れ上がり

私はエライ、なんでもできる

自分以外はバカばっかり

周りは私のために働くべき

自分ほどすごい人間はいない

愛されて当然

と思い込むことで

自分の中の不安や恐怖を感じないようにしており

無意識に自分を守る防衛反応が働いているということです

 

 

f:id:kinta1215:20180212121352j:plain

では、なぜそれほどまでに自分を守る必要があるのでしょうか

 

 

これは幼少期の養育環境が大きく関わっているんですよ

例えば

  • 親から共感してもらったことがない
  • 自分の考えを押さえつけられた
  • 何をしても褒めてもらったことがない
  • いつもできないことを馬鹿にされていた
  • ネグレクト(親から無視され続けた)
  • 過干渉

このような経験があると、自己愛がうまく形成されずに幼稚なまま大人になります

 

「自分はこのままでいい」という安心感が与えられず、自己重要感が育たなかったため

「私は凄いんだ!!」と他者より自分が優れていることを証明しないと不安でたまらないのです

 

これは自己愛の傷つきが原因です

 

 

自己愛性パーソナリティ障害の人は

人と対等に付き合うという感覚がありません

常に自分は人より上にいたい感覚が強いのです

 

───*───*───*───*───

 

先程のSさんの話に戻しますね

Sさんは意見された事で

自分が下になった感覚になり

「自分は凄い」を周りに証明できなくなってしまったからゆえに

不安や恐怖が押し寄せ、その不安や恐怖を感じなくするため

怒りで相手を押さえたのだと思います

 

結論、Sさんは自己重要感が低い

ということですね

 

モラハラパワハラの加害者は

この感覚を持っている人が多くいるように感じます

 

 

もしこのような人が近くにいるようなら

同調や共感をしすぎないように注意が必要です

なぜなら

「こいつは私の下!」

「こいつは下僕!」

とターゲットにされてしまう可能性大だから

 

あなたが現在、このような人のターゲットになっているとしたら

あなたの中に

人から嫌われたくない

NОと言えない

なんて思いはありませんか?

 

それはあなたの自己重要感の低さが関係しているかもしれません

 

 

あなたのその生き辛さは

自己愛の傷つきが影響しているかもしれませんよ

 

 

自己愛についてとても分かりやすく書かれています

ぜひ読んでみてくださいね

  ↓  ↓  ↓

ameblo.jp

ameblo.jp

 

 

⭐️4月15日(日)に大阪でオープンセッションが開催されます

心理セッションってどんなことするの?

って興味のある方

ぜひ参加してみてはどうですか?

 → 【大阪】公認心理セラピストによるオープンセッション

 

 

⭐️ 電話カウンセリングであなたの心の中を整理してみませんか

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

 ⭐️ 心理セラピーについて詳しく

f:id:kinta1215:20180204210231j:plain

  

 

【摂食障害】私を愛して。認めて。

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原 洋美です

 

haruhikari.hatenablog.com

 

2018年になってもう1か月経ちました

2月の最初のイベントといえば節分ですよね

みなさんは恵方巻き食べましたか?

 

f:id:kinta1215:20180204142514j:plain

 

節分は立春の前日ですが「季節を分ける」という意味もあるそうです

しかし、まだまだ寒い日が続くみたいなので

体調を崩さないよう気をつけてくださいね

 

 

 

今日は摂食障害になってしまった女性の話

 

A子さんの家庭では母親の言うことは絶対で、家族は誰も逆らうことが出来ません

母親は彼女に期待をしていました

父親は子どもに関心がありません

姉は「お前はダメたから」といつも母親から否定されており

父親も同じように否定されていました

母親から父親の愚痴をいつも聞かされています

そんな母親はいつも誰かを見て

「あんなことしたら恥ずかしいから、あんたはやったらダメだよ」

とまわりの批判ばかりしていました

 

反抗期もなく、母親の期待通りに育ったA子さんでしたが

20歳のとき、先輩から「ちょっと太った?」の一言から

ダイエットをきっかけに摂食障害を発症したのです

 

 

さて、摂食障害になってしまうのは圧倒的に女性が多いってご存じですか?

 

母親との関係が大きく影響していて

一般的に言ういい子が多いと感じます

 

親の期待に応えていないといけない

完璧な自分でなければいけない

ダメな自分を見せてはいけない

 

なぜなら

ありのままの自分では

価値がないし

愛されないから

 

こうして自分の思いや感情を飲み込んで

愛されるために我慢し続けるのです

 

f:id:kinta1215:20180203215748j:plain

 

幼少期の家庭では

  • 過保護、過干渉
  • 支配的な親
  • 自分の気持ちを尊重してもらえなかった
  • いつも誰かと比較されていた
  • しつけの厳しい親
  • 自分がいい子でいたときだけ認めてくれた、ほめてくれた

このようなことがあったのかもしれません 

 

 ───*───*───*───*───

 

A子さんは「太った?」という先輩の一言で

自分が否定された感覚になり

太っている自分 → ダメな自分 → 愛されない

と関連付けてしまったのでしょう

 

 

「自分は愛されない」

という不安がどんどん大きくなり

そのストレスを食べるということで麻痺させていて

いつもいつも、食べる衝動がおさまりません

 

なぜなら、食べている間は

不安が埋る気がするし

ダメな自分を感じなくてもいいし

何も考えなくていいから

 

しかし過食してしまった後は

太ってしまってダメな自分、愛されない自分になる恐怖で吐くことで頭がいっぱいに

 

そしてまた食べることで感じなくする・・・∞

 

この負のループから抜け出せなくなってしまいました

 

 

 

でも本当はただ

愛されたい

認められたい

だけだったんです

 

母親の期待に応えるために

自分の人生を諦めたA子さんは

長い年月、何をしても埋まらない不安感を

過食嘔吐でバランスを取り続けたのです

 

10年以上この生活をし、苦しみ続けた彼女は

このままではダメだと

自分と向き合う覚悟を決めました

 

本当は両親から

愛されたかった

認められたかった

という

寂しさ、悲しさを認める、癒すと同時に

自分が自分を愛し、認めることが少しずつ出来るようになると

過食嘔吐の症状はなくなっていきました

 

 

 

あなたはこのまま自分の人生を諦め

親の期待に応え続けることを続けますか?

 

 

 

 

⭐️心理セラピーについて詳しく知りたい方は

 ↓ こちら 

f:id:kinta1215:20180204210231j:plain

 

 

⭐️電話カウンセリングで心の中を整理してみませんか? 

   ↓  ↓  ↓

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

1人でいるのが好き!それ、ホント?

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原 洋美 です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

最強の寒波が日本に来て

各地で雪がたくさん降ってますね

ついに私の住む地域にも雪が降りました

職場では前日から「朝何時に家を出ようか…」と大騒ぎでしたよ

外出時にはくれぐれもお気をつけくださいね

 

 

さて今日は人と関わるのが苦手な人の心理について

 

Aさんは仕事や友人関係で話をするとき距離が近かったり

自分に触れられることがとても苦手でした

例えば「ちょっと聞いてー!」など話をする時

体に触れてくる人に不快感を感じていました

同じように、子供に対しても近づかれることに強く不快感を感じていたのです

・子どもが「抱っこー!」と来ると一瞬抱っこした方がいいよな?と考えてしまう

(抱っこはするけど、本当は嫌)

・こたつの中で足が触れると瞬時によける

・家の中でも近づかれるとくつろげない

・外出先などで急に手をつながれると一瞬、思考停止する

・一緒の布団で眠れない

・スキンシップができない

 

外にいても、家にいても疲れてしまうため

いつも「ひとりになりたい…」と思っていました 

 

Aさんのように人に近づかれると

違和感、不快感を感じてしまう原因として

幼少期に

  • 親に近づいた途端に暴力を振るわれた(理由が分からない)
  • スキンシップがない家庭
  • 親に拒絶された
  • 親に受容された経験がない
  • 親が子供に無関心
  • 性的虐待
  • 親が人付き合いを嫌がっていた
  • 家族がバラバラ(家族だんらんがない)
  • いじめにあっていた

こんな家庭だったと考えられます

 

なので日常生活で

  • 人が怖くて近づけない
  • 親密な関係になれない
  • 本音が言えない
  • 近づかれると逃げたくなる
  • 自分からわざと人を遠ざける
  • 子供を抱きしめることができない
  • 受け取った温かさを信じられない
  • 人といると緊張する

こんな感覚を感じるようになっていきます

 

身近にいる親から受け入れてもらえず、拒絶され、深く傷ついてしまった

だからそれ以上傷つかないように自分を守ろうとする

 

 

つまり潜在意識の中に

人に近づいたら傷つくよ

人を信用したら傷つくよ

と書き込まれたため

 

大人になっても

傷つけられる恐怖が出てくるので

無意識に人を避けてしまうんですよ

 

 

一緒にいると拒絶されるかもしれない
もうこれ以上傷つくのはイヤ

だから人に近づくのをやめよう

そうやって自分が決めて行動しているのです


人の気持ちや暖かさを受け取らず、孤独の世界に引きこもる
そしていたら傷つかずに済むからね

 

 

 

今、目の前にいる人から

拒絶されるって本当なのかな?

それはただの妄想じゃない?

 

そのまま人を避け続けていたら

この先の未来はどうなって行くでしょう

みなさん想像してみてください

 

 

 

それは 

孤独の人生です

 

f:id:kinta1215:20180127165328j:plain

 

Aさんは心理セッションを受け

本当は人に近づきたい

本当はひとりぼっちはイヤだ

という思いが自分の中にあることに気づきました

 

傷つけられる恐怖や

ひとりぼっちの恐怖と向き合うことで

自分を守るために、自分が作り出した恐怖なのだと気づき

それは自分には必要ないものだと、手放すことができました

 

そして人の気持ちや温かさを受け取れるようになり

子どもとスキンシップが取れるようになったのです

 

f:id:kinta1215:20180125141329j:plain

 

 

 「ひとりが好き」が悪いわけじゃないよ


ひとりの時間を楽しめて
誰かといる時間も楽しめる

 

「ひとり好き」
な状態がベストではないかと、私は思います

 

 

 

 

⭐️電話カウンセリングで心を軽くしませんか?

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

⭐️心理セラピーについて詳しく

f:id:kinta1215:20171231080457j:plain

 

f:id:kinta1215:20171231080044p:plain

 

感じたくない感情があるから何かに依存する

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原洋美 です

 

haruhikari.hatenablog.com

 

毎日寒い日が続いてますね

世の中ではインフルエンザが大流行です

手洗い、うがい、マスクが効果的なので

みなさま、感染しないように体調管理に心がけましょうね

 

 

さてさて今日は依存症について

 

これはある女性芸能人のお話です

父親は暴力団関係者で覚せい剤使用の容疑で服役中に彼女が誕生

母親は夫がいない寂しさから若い男と駆け落ち

彼女は母親から捨てられてしまったのです

その後里子に出され、育ての親を転々とします

7歳のとき、父親が再婚することになり

突然、実の母親だと思っていた叔母から「お前はうちの子じゃない」と言われました

そして実父に引き取られ、継母と暮らすことになります

しかし彼女には安心出来る場所はありませんでした

父親はいつもそばにいません

そんな彼女はいつも寂しさでいっぱいだったのです

14歳から芸能界のオーディションを受け始め15歳で芸能界へ

事務所では人情のある人たちに恵まれ
愛情にも包まれ、トップアイドルとして成功するのですが

結婚をし、子供が生まれ家庭を持つと問題が出てきました

 

さて、依存症といえばいろいろありますよね 

アルコール、薬物、ギャンブル、セックス、ゲームなどなど

 

これらの依存症を抱えている人たちは

心の中で何が起こっているのでしょうか?

 

本来、親から安心感をもらい

自然に自分の存在を肯定できるようになるはずなのに

 

幼少期の家庭で

  • 虐待(精神的、肉体的、性的)
  • ネグレクト、親戚たらいまわし
  • 面前DV(子供の前で暴力、暴言、性行為)
  • 親の自殺
  • 親が薬物、アルコール中毒
  • 存在否定の言葉を言われ続けた(男だったら良かった、橋の下で拾った、産まなきゃよかった)

 

など、自分の存在を否定され続けていたらどうでしょうか

 

  • いつも死にたい、自分はいない方がいいと思っている
  • 認められたい承認欲求が強い
  • 失敗や挫折が異常に怖い
  • 自分の生き様を見せつけるような生き方をする
  • 居場所がないと感じる
  • 自分がどうやって死ぬかよく考える

このように無価値観や絶望感を感じてしまうでしょう

 

 

f:id:kinta1215:20180122155545j:plain

 

 

その無価値観絶望感を感じないために

薬物やアルコールなどで感情、感覚を麻痺させる

これが依存症になってしまう原因なんですよ

 

ですから

薬物依存症を治療し改善できても

アルコールを飲めない状況にしたとしても

心の問題がそのままになっていたら

薬物、アルコール以外の依存症になってしまう可能性があるということです

 

 ────*────*────*────

 

先ほどの女性芸能人は

清純派アイドルとして活躍していた酒井法子さん

そう、のりピー(若い子知ってるかな?)

みなさんご存じだと思いますが

彼女は覚せい剤を使用し逮捕されてしまいましたよね

 

幼少期に親に捨てられ

さらに育ての親(叔母)からも捨てられ

自分は存在する価値がない

潜在意識に定着し大人になったと思われます

 

 

存在する価値がない = 死の恐怖

私たち人間は死の恐怖を常に感じて生きていくことはできません

なので、その恐怖を抑圧します

 

 

恐怖や不安を抑圧して頑張って成功しても
本当に欲しい安心感や満足感が得られず

その穴を埋めるためにアルコールや薬物、ギャンブルなどに依存して

一時的な高揚感で不安や恐怖をごまかそうとするんですね

 

 

自分の悲しみや恐れ、不安感と向き合い、癒すことが出来れば

アルコールや薬物などで紛らす必要がなくなると思いますよ

 

 

 

 

⭐️電話カウンセリングであなたの心の問題を整理します

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

⭐️心理セラピーで心を軽くしませんか

f:id:kinta1215:20171231080457j:plain

 

 

f:id:kinta1215:20171231080044p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

学校に行かない子供をどうにかしたい

こんにちは

愛知県西三河不登校、引きこもり、摂食障害

なぜだか分からない不安感、人間関係の悩みの解決をお手伝いする

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 金原洋美 です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

先週末は日本に最強寒波が到来しましたね

私の地域では雪は降りませんでしたが

普段雪の降らない地域は大変だったんじゃないでしょうか

まだ寒い日が続きます

雪の日の外出は注意してくださいね

 

 

さてさて今日は不登校について

 

新学期が始まり、子供たちは元気に登校していますね

それなのにうちの子供は学校に行かない

と悩んでいる方へ

 

f:id:kinta1215:20180111201934j:plain

なぜ学校へ行きたくないの?

学校でなにかあったの?

いじめられた?

勉強についていけないの?

 

などなど

親として行かない原因を探りますよね

 

最終的には

お母さんが学校まで送ってあげるから!

いいから学校に行くよ!

 

こうして子供を学校へ行かせようとしていませんか?

行かせようとすればするほど引きこもる…

学校へ行かせたい気持ち、すごく分かります。

我が家の長男も不登校でしたから

 

 

この不登校という問題には愛着障害が関係しています

 

【愛着とは】

人と人とを結ぶ能力のこと。人格の土台になり対人関係、恋愛、子育て、仕事などすべての人生に関わります

 

愛着障害 子供時代を引きずる人々 岡田尊司 

以下引用

子どもは愛着という安全基地がちゃんと確保されているとき、安心して外界を冒険しようという意欲を持つことができる。

逆に母親との愛着が不安定で安全基地として十分機能してないとき、子どもは安心して探索行動をすることができない。その結果、知的興味や対人関係においても、無関心になったり消極的になったりしやすい。守られていると感じている子どもほど、好奇心旺盛で活発に行動し、何事にも積極的なのである。

引用ここまで

 

幼児期に愛着対象者(主に母親)との間で
安心感が形成されなかったために
常に不安と恐怖を抱え

学校(外の世界)に行けなくなってしまうのです

 

 

では、なぜ愛着を築き損ねてしまったんでしょうか

そこには

  • 両親が仮面夫婦(形だけで愛情でつながってない)
  • 養育者の度重なる変更
  • 親が精神的に不安定
  • 虐待・ネグレクト
  • 片親の不在で育児に十分な力を注げなかった
  • スキンシップのない家庭

幼少期の家庭でこのようなことがあったのかもしれません

 

 

 

私が「自分が変われば不登校の息子も変わる」と思い

リトリーブサイコセラピーの講座に初めて参加したときです

 

師匠のカズ姐さんはこう言いました 

子供は舟で、母は船着き場

いつでも戻ってこれる船着き場があるからこそ

舟は大海原に出ていけるんだよ

安全な船着き場がなかったら、そもそも出かけることなんて出来ないよ。

 

 

 

子供の不登校が問題ではなく

母親が安全基地として機能していないのが問題だったのです

 

子どもが愛着障害を抱えているということは

お母さんも、もれなく愛着障害を抱えています

 

お母さんの愛着障害が解消されれば

自然と子どもの愛着障害も解消されます

 

今からでも遅くないですよ

愛着はいつからでも克服することができますから

 

 

 

「問題なのは私じゃなくて子供です」

と必死に子供を変えようとするのではなく

自分の問題がなんなのか?

そこを知り、自分の問題と向き合うことが近道かと思います

 

 

⭐️電話カウンセリングで自分の問題を整理してみませんか?

f:id:kinta1215:20171231075521p:plain

 

 

⭐️公認セラピスト 白鳥大介さんが名古屋に来ますよ

ameblo.jp

 

 

⭐️心理セラピーについて詳しく

f:id:kinta1215:20171231080457j:plain

 

f:id:kinta1215:20171231080044p:plain