自己重要感

感情を少しずつ

感じられるようになってきたら

 

色々な事に反応する

 

今まで感じないように

蓋をして生きてきたのに

私の心は

分かって!

と言わんばかりに

ありとあらゆるものに反応する

 

自己重要感の欠如が

あからさまになり

苦しくてたまらない

 

 

必要とされていることで

生きる許可が出せる

 

必要とされている実感がなくなると

心は不安定になる

 

これが理解できた所で

さあ、どうする?

 

 

 

インナーチャイルドワーク

だよな

 

 

最初はツライ

でも必ず体感覚として

効果は現れる

 

承認欲求

他者から必要とされて初めて

 

そこにいてもいい

生きていてもいい

 

自分に許可を出せる

 

 

いつも他人軸

 

 

自分には価値がない

 

それを感じないために

感じなくないから

自分を認めてもらえる行動をする

 

でもね

自分の思い通りに行かない訳よ?

 

 他人はコントロール出来ないから

 

自分が自分を認められるようになったら

相手の反応で

気持ちが上がったり、下がったりしない

 

頭で分かってても

心がついてこない

 

これ、幼少期の

寂しさ

悲しさ

怒り

の抑圧していた感情が出てる

 

この感情を浄化しませんか? 

 

心理セラピーがお役たてるかもしれません

安心感の欠如

愛してる

一番好き

ひろみが必要

そばにいてほしい

 

そんな言葉を何度かけられても

その場では嬉しくて幸せを感じるのに

 

無意識に受け取り拒否をしている

 

 

受け取ってしまったら

     私も返さなければいけない

     もっと頑張らなければいけない

     

こんな私に愛情を与えてくれるんだから

     私も返さなきゃ

     頑張って愛される人間にならなきゃ

 

 

受け取ってしまったら疲れる

消耗する

だから受け取らない方がいい

 

 自己重要感がなく

 愛されている安心感がない

いつか見捨てられる

それなら最初から受け取らない方が

ダメージは少なくすむから

 

これからもこのパターンを続けるの?

 

もうイヤだ

 

そう思っても同じパターンを繰り返す

 

 

それにはちゃんとそうなってしまう

理由があります

 

 

心理セラピーで楽になるかもしれません

 

私のインナーチャイルド

約1か月前

毎日インチャワークをやる

そう決意したはずなのに

結果、毎日やっておりません

 

1週間くらいは続いたかな?

でもやっぱり触れない、近づけない

出てこないなんて日もあって

 

めんどくさいわ…

 

って思ってたの

 

めんどくさい

この言葉でいつも

自分と向き合う事から逃げる

 

 

彼と連絡取る時間がなくて

またいつものパターン落ちた

 

私の事がめんどくさくなったな

 

何で私はすぐこう結びつける?

 

私は大事にされない自分を握りしめてる

大事にされない方が楽

大事にされると居心地悪い

 

違うよ

私は大事にされたい

でも自分を大事にしてないな

 

そう思って

インチャワークを再開しました

 

いつもより近くにいるやん?

ん?いつもと違う

私のインチャは固くて冷たい

置物のようになってました

 

この子を何とかしなきゃ

 

初めて感じる感覚

 

今までの私は

分かってくれないなら知らん

もうやりたくない

 

そうやって自分を拒否

1か月前の

インチャから拒否された感覚とつながった

 

自分が自分を一番分かってない

これですか

 

今までは思考で

そうだね

だったけど

感覚として感じた

 

また一歩進めた気がする

 

投影

投影とは

自分の心の状態を相手や物に見ている

 

自分の中に反応する種があると

投影を起こします

 

 

 

今日こんな話を聞きました

 

久しぶりに会った母に

「何か肌が黒くなったね?」

って言われてね

姉には

「肌の黒さよりその顔のシミが気になるわ」

って 言われたの

ショックでさー

 

 

 

これ

お母さん →  顔の黒さに反応

姉             →  顔のシミに反応

 

 

お母さんは

肌が黒いことで嫌な思いをしたのか

女性は白い肌がいいと思っているのか

自分が黒い事を気にしているのか

 

お姉さんは

自分の顔のシミを気にしているのか

自分は顔のシミを手入れしているのか

 

 

二人が指摘するポイントが違うというのは

その人自身が気にしている部分が

投影されたのです

 

なーんとも思ってない事には反応しません

 

自分に何か反応があった時

それは自分を知るチャンス

 

いつも同じことにイライラしていませんか?

 

 

 

成長出来るか。出来ないか。声のかけ方ひとつで変わる

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの卒業試験

成績3位でした

 

私は嬉しくて

頑張った自分をほめました

 

 

私が勉強を頑張っている事を知っている人に

3位で合格したこと伝えると

 

まず

「1位じゃないの??」

でした

 

 

心理を勉強してきて

子供の成長を止めてしまう親は

無意識にこういう発言をするんだなと

何だか冷静な自分に気づきました

 

 

きっと

心理を学ぶ前の私なら

やっぱり私はダメなのか

と反応してるだろう

 

 

頑張っていた事実は認めず

結果だけで判断する

 

「一番じゃなかったの?」

 

この言葉の中に

 

一番じゃなきゃ意味がない、価値がない

頑張った努力は認めない

お前はダメだ

 

そんなメッセージが無意識に伝わる

 

それを受け取った子供は

 

自分はダメなんだ

もっと頑張らなくては

そうでなければ自分には価値がない

 

そう思い込んでしまうのです

 

 

結果がどうであろうと

頑張った過程を認めてくれると

次も頑張る力がわいてくる

 

それが人間なんです

 

頑張ったのに

認められなかったら

傷つく

 

そんな事が続いたら

 

チャレンジする事が怖くなり

頑張る事を放棄する

 

または

 

親の期待に応え

認められる為に頑張り続ける人生

 

 

 

こうして成長が止まるのです

 

心理セラピストとなりました

久しぶりのブログです

 

昨日、リトリーブサイコセラピー プロコース 大阪3期

修了し、卒業することができました

 

リトリーブを学びだして約1年

何度「私にはムリ」と思っただろうか?

 

泣いて、泣いて、泣いて

泣いてばっかやないか!!

って自分で突っ込めるくらい泣きました

 

もともと泣き虫の私ですが

涙の質が変わったのです

 

感情を感じないように生きてきた自分に気づき

少しづつ感情を感じられるようになった

半年くらい前から

感情を伴う涙が流せるようになりました

 

あ、私

今嬉しい

今悲しい

そう感じて涙が出る

 

この当たり前の感覚を取り戻すため

まだ自分と向き合い続ける日々が続きます

 

「心理セラピスト」

と名乗れるようになりましたが

まだまだセラピストとして活動する実力はありません

 

あせらず前に進んで行こうと思っています

 

f:id:kinta1215:20170522190436j:plain

f:id:kinta1215:20170522190452j:plain