見えてはいけない 目立ってはいけない

人は幼少期に起こった出来事に対し

自分の身を守るため

様々な信念、思い込み、価値観などを形成していきます

これはビリーフと言われ

潜在意識に定着し

大人になって以降の人生に左右されます

 

私には

見えてはいけない、目立ってはいけない

というビリーフが強くありました

 

このビリーフに気づいたのが

 

リトリーブ卒業合宿の宴会で

カズさんに

「だいぶ見えるようになった」

と言われ

今までの自分を振り返って見ることにしました

 

  • 人前に立つと緊張して話せない
  • 集団の中で存在を消す
  • 自分の意見を言わない
  • 講座では毎回のように存在を消すので「帰ってこい!」と声をかけられる
  • 職場で「えっ、いつからそこにいる?」とよく言われる

 

はい、完全に無意識でした(笑)

 

f:id:kinta1215:20170823183108j:plain

 

両親が不仲で
父の姉への八つ当たりが日常
いつ自分に向けられるか?
家では息を潜め
自分の身を守っていた
 
こんな家庭でこのビリーフが形成された思われます
 
 
 セッションを何回か受け
 
今ではこのビリーフも緩んできたようで
 
 
同窓会では舞台上でカラオケを歌い
自己紹介も緊張せずできるようになり
職場では自分の意見を言えるようになりました
 
 
ビリーフが緩んできたことで
生き辛さが減り、人生楽しいじゃん
って思えるようになりました
 
 
 
 
今、生き辛さを感じていませんか?
お役に立てるかもしれません