愛着が不安定だから、人間関係が不安定になる

こんにちは

リトリーブサイコセラピー®

心理セラピスト 修行僧

きんばら ひろみ です

 

 

haruhikari.hatenablog.com

 

 

昨日は大阪で勉強会

アタッチメントのワークをやってきました

講師は 古田しほ さん

 

今日は全身筋肉痛(/ー ̄;)

翌日に筋肉痛出た!

まだ私、若いやーん♪(笑)

てか、筋肉痛になるワークって・・・

どんなん?\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

今日は愛着について

 

 

愛着とは

人と人との絆を結ぶ能力で、人格部分の土台になる

 

安定した愛着スタイルを持つことができれば、対人関係、社会生活で高い適応力を示す

 

不安定な愛着スタイルを持てば、人に近づいたり親しくすることに恐れや不安を抱きやすく、人間関係が不安定になりやすい(愛着障害

 

 

愛着の形成は0歳から3歳までの親(特に母親)との関係が重要なんです

  • スキンシップ
  • 求めたら応えてくれる(泣く→抱っこ・泣く→声をかける)
  • 特別な存在
  • 安心、安全な場所

この土台がしっかりしていれば

人とうまくやっていくことができ、深い信頼関係が築ける

 

f:id:kinta1215:20171015114113j:plain

 

 

愛着障害になる背景について
  • 幼少期に親との間でぬくもりや愛情を与えられなかった
  • 虐待・ネグレクト(求めても拒絶された)
  • 親が精神的に不安定(親も愛着障害
  • 両親が仮面夫婦
  • 片親の不在
  • 養育者の度重なる変更

 

 

愛着障害を抱えるとどうなってしまうのか?

  • 自己否定を抱えやすい
  • 良い子を演じる
  • 傷つきやすい、ネガティブに過剰反応する
  • 信頼や愛情が維持されにくい、不安定
  • 白黒思考
  • 子育てに問題が起きやすい
  • 摂食障害、依存症
  • いつも安心感がない
  • 消えたい、死にたいと思うことがある
  • 人に依存しやすい

 

 

私自身、かなり強くあってね
問題山積みだったのですよ ( ̄ロ ̄lll

 

 

でも

 

愛着は克服できます

 

 

自分が変わりたい

そう決意し

セラピーを受けることで

少しづつ愛着が芽生え始めています

 

 

傷ついた心を癒すと楽になりますよ

カウンセリング、心理セラピー受けてみませんか?

 

 

心理セラピーについて 詳しく

 → (株)ユアエクセレンス公式サイト

 → 日本NLP心理セラピー協会

 

電話カウンセリングやってます

 → 日本NLP心理セラピー協会